スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫除けスプレー

犬用虫除けを探しててネット検索するうちに気付いたんだけど作ってる人も多いみたい。
簡単そうだしやってみよう☆
今は石けんに香り付けはしてないけど(費用対効果を考えると個人的には不要と思うので)精油については昔少し調べたし資料もひっぱりだして…と。

作り方はスプレーボトルに精製水50ml入れ、精油10滴おとすだけ。
無水エタノールやアルコールを使うレシピが多いんだけど(でないと水と精油が混ざらない&保存性UP)、どうせ作るなら極力余計なものを使いたくなかったので抜きにしてみました。
その代わり冷蔵庫で保管して使う直前によく振る必要がありますが。
保存性を高めたいならアルコール類5mlに精油をくわえてよく混ぜてから精製水を45ml入れましょうネ。

精油はレモンユーカリとゼラニウムにしました。
昆虫忌避作用があり昼間の散歩前に使うから光毒性がないことが条件。
レモンユーカリは柑橘系トップノート、ゼラニウムはフローラル系ミドルノートと相性もgood。

効き目は香りが持続する1~2時間程度ですが散歩用としては十分。
犬とワタシ兼用で使えるよ。
でも普通の市販品に比べると効果は緩やかですよ~実際刺されたし(笑)
まぁ無いよりマシかなくらいの気持ちで。
スポンサーサイト
oilまとめ買い
oilまとめ買い
今年に入ってから珈琲や油を中心とした食料品の値上げがしばしばニュースで取り上げられてましたが、石けん材料を仕入れているお店でも3月以降在庫が無くなり次第値上げの予定とのこと。
30kgまで同一送料なので値上げ前にまとめ買いだ!!
・オリーブ油5000ml×4
・ココナッツ油 1000ml×5
・パーム油 1000ml×2
・ひまし油 1000ml×1
・レッドパーム油 880g×1

最近の仕込み具合からして一年もつかもたないかの量かなぁ。
とりあえずこれらがなくなるまではお値段据え置きで販売できるけど、今後油の価格上昇に伴い販売価格を見直す必要が出てくるかもしれません。
その際はご了承願いますm(__)m
ソープカッター
最も定番だと思いますが、石けん作りの型には牛乳パックを使用してます。
ある程度固まったらビリビリと破って取り出し好みの大きさにカットするのですが…昔からこの作業が苦手でどーーしても大きさが不揃いになってしまう。
一定のサイズより小さいものは委託販売に送り出さずに自宅や親戚用にしますが、この自宅用が増える一方!
どうにか出来ないものかな~と思って前々から気になってた「ソープカッター」を思い切って購入。
ソープカッター ソープカッター
使ってみて即「なんでもっと早く買わなかったのワタシ!」と思いました。
これがね、期待以上に綺麗に切れるんですよ~~ホント感動。
いやぁ今まで憂鬱だったカット作業が楽しくなりそうな予感。
苛性ソーダはもっと慎重に取り扱うべし!
石けんを手作りするためには苛性ソーダ(別名:水酸化ナトリウム)という薬品を使用します。
これは購入の際には署名捺印が必要な劇物。
強アルカリ性でたんぱく質を腐食するため、皮膚についたまま放置すると火傷のような状態になってしまいます。
(万が一眼に入ったら失明のおそれも!)
ワタシは大学で化学を専攻しており、卒論でも使用していた薬品なのでそれなりに危険性を理解していたつもり…でした。
が、事件発生。

昨日石けんを仕込もうと思って、苛性ソーダを量りとり蓋をした直後。
なにかのはずみで計量後の苛性ソーダの入った容器を倒してキッチンの作業台にぶちまけてしまいました↓↓↓
いや~…本当に固まりました。
「どうしようどうしよう」と動揺しまくり5秒くらい硬直。
とにかく大量の水で流して中性に近づけるしかないととっさに判断したのは良いとしても、思わずシンクの作業台に散乱した大部分の苛性ソーダの粒を素手でシンクに移動させてしまいました。
後で考えると暴挙ですわ、これ。
さっきも書きましたが皮膚につくと危険なんですよー。
(まぁすぐに火傷するってわけではないという点とすでに手についてたしってのもあったが)
アルカリ濃度を薄めるためキッチンの水を流しっぱなしにしたまま、洗面所でよーーく手を洗いゴム手袋を装着し、ひたすらこぼれたであろう箇所に水をかけまくりました。
その後どこかに高濃度の苛性ソーダが残ってないかpH試験紙で確認しまくり。
でもどこかに残っていそうで怖いな~~。

石けん作り始めて何年もたつけど、苛性ソーダこぼしたことすら無かったのにショック。。。
しかしこの対処法で良かったのか?他にもっと良い方法は無かったか疑問。
大学時代の友人で今も薬品を扱う仕事をしている友人に電話して相談したら「乾いた何かで紙とかに集められるだけ集めたらより良かったかもね」とのこと。
なるほど。

保護眼鏡&エプロンは使用していたのですが、ゴム手袋はしてませんでした。
本来ゴム手袋をすべきですが苛性ソーダの蓋を開けたりといった細かい作業がやりにくくかえって危ないような気がしてあえて付けてなかったのです。
でもやっぱ必須だな~反省。。。
作業のしやすい薄手のフィットするゴム手袋を使い捨てるくらいの覚悟が必要だな。
勢い余って苛性ソーダにまみれた電子はかりを水に濡らしちゃって買換えないといけないし。ついてなーい。
石けんを作られる皆様、ワタシのようにうっかりしないようくれぐれもご注意を!
苛性ソーダが割高に
この前いつも苛性ソーダを購入している薬局に行ったら「薬事法の改正でしばらく取り扱い中止なんです。8月かもしくは来年にならないと…」と言われちゃった。
ってことは薬剤師さんが退職しちゃったのかな?(近々入社するかもしれないし、駄目だったら来年の採用待ちと勝手に予想)
近場で売っているところ教えてくれたけど、いままでより単価があがっちゃう↓↓↓
仕方ないから購入したけど…販売再開してぇ~。
プロフィール

ゆんゆん

Author:ゆんゆん
*****************************
掲載されている文章・画像・デザイン等に関する著作権は管理人ゆんゆんに属しています。
無断の転載・転用はお断りです。
*****************************
書籍の感想は管理人の個人的な独断と偏見によるものでございます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。