スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のぐるぐる
最近は試作石けんばかり作ってたので、久々に商品用の石けんを作りました。

レンタルボックス「月箱」さんでよく出てくれる「卵牛乳蜂蜜石けん」を仕込みました。
卵を入れる石けんは手が掛かって難しいので、どきどき。

20分かき混ぜたら十分すぎるほどのトレースが。
後から入れる予定の牛乳と蜂蜜を慌てて準備して投入&即型入れ。
本当は型入れする前に写真を撮ろうと思ってのに、そんな余裕無かったよ。。。
でも上手く出来たような気がします♪
カットするのが楽しみ。
スポンサーサイト
ココアバター石けん【解禁】
ココアバター石けん
カカオ豆からとれるココアバターを配合した石けん。
しっかりとした皮膚のカバー力があるとのこと。
たしかにこってりとした使用感がある♪
感想しやすいこの時期には丁度良いかも。
出来上がった石けんはかなり硬い。
カットする時に一苦労しちゃった。

チョコレートのような香りがあるココアバター、石けんにはほんの僅かしか香りは残りませんでした。
ぐるぐるしてる時はけっこう甘い香りしたのに、残念~。

※チョコレートにアレルギーがある方はご注意下さい。
美肌水
化粧水、自分で作ってみたいな~と思いつつ腰が重く挑戦したことなかったのです。
それが、以前石けんを差し上げた職場の方から手作り化粧水を頂いて初めて使ってみました。
使い心地は悪くない♪
鈍感肌なので違いはよく分からなかったけど、既製品を使ってた頃と変化は無し。
これなら自分で安く作って問題なさそう。

色々な手作りコスメの本を読んで、一番簡単そうな物に挑戦。
それは今井さんの推奨する「美肌水」。
水道水に尿素を溶かしてグリセリンを少量加えた物。
使用したところ、相変わらず私自身の肌に大きな変化はみられず。。。
でもパートナーは「カサカサしてた肌が良くなってきた」って。
おぉぉ~~~早速効果が!!
当分続けようっと。
チョコレート石けん試作
固まっちゃった
バレンタインに向けてチョコレート石けんのレシピを考えました。
試作なので少量、ペットボトルシェイク法で作成。
オイルと一緒に刻んだチョコを入れて溶かしてからペットボトルに入れました。
湯煎をしてる間、チョコの甘い香りが・・・幸せ♪

シェイク終了から3時間ほど外出。
帰宅したら予想以上に固まってて出てこないぃぃ。
仕方ない、このまま保温箱に入れて固めちゃおうっと。
石けんカット
カット前→→→カット後
少し前に作ったにんじんポタージュ石けんをカットしました。
私は縦置きの牛乳パックを型として使っているので、カット前は左上画像のような感じ。
これを自分なりのやり方でカット。
大体9個綺麗な作品が出来るはず・・・なのに今日は失敗↓↓↓
切れ端がいっぱい出来て、綺麗なのは8個しか出来なかったぁ。
カットは苦手。
ど~しても歪んじゃうんだよね。
まぁ綺麗にカット出来ても乾燥すると凹んだりして歪んじゃうから、あんまり気にすることないとは思うんだけど。
初ペットボトルシェイク法
ふりふりの様子
今井さんの本を参考に、ペットボトルで石けんを作るやり方に挑戦してみました。
初めてなので、少量で。
安全のためにビニール袋でくるんでシェイク。
トレースの具合が分かりにくく、型入れしようかな~って思ったときにはトレース出すぎてたかも。

ペットボトルの内壁にこびりついた残りは水を入れてシェイク。
そうすれば、石けん水になって食器洗いに丁度良いらしい。

それにしても片付けが楽!!
これは良いかも。
肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん
肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん 肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん
今井 龍弥 (2000/08)
マキノ出版

この商品の詳細を見る
mixiの石けん関連コミュでこの本について知り、図書館で借りてきました。
廃油石けん中心に書かれた本。
環境保全の面&廃油に含まれる抗酸化物質の効果から廃油使用を進められてます。
写真が少なく読み物的な一冊。
レシピはかなりワイルドな感じでいわゆる手作り石けん本とは違う路線かと。

でもけん化反応についてなど、化学的な解説が載っているのは良かった。
本の中では特に書いてなかったけど、ペットボトル内で反応させる事で、泡だて器でぐるぐるするよりも酸化が抑えられるという利点は気になる。
第2回納品
第2回納品時の箱
今日は2回目の納品で「月箱」さんにお邪魔しました。
納品物は
・米ぬか石けん(新作)
・竹炭石けん(新作)
・にんじんポタージュ石けん

(月箱さんのブログに書いてあったから知ってたんだけど)石けん作家さんが増えていてびっくり!
私が契約した時点では他1名しかいらっしゃらなかったのに、今日行ったら他4名に増えているとのこと。

ただ一言で手作り石けんといっても以下のようにかなり違いが。
・私と同じコールドプロセス法による作品
・電子レンジなどで溶かして簡単に作れる透明石けんの素、M&Pグリセリンソープを使用した作品
・香り付けした作品

私はコールドプロセス法で無香料、シンプルで価格的にも日常使いしやすい作品を作っていきたいと考えています。
香りの良い物や見た目が華やかな物を望まれるお客様は、他の作家さんの作品のほうが好みかも(笑)
それはそれで、色々な作品をじっくり見て選んで頂きたいと思います。


それにしても他の方の作品はとっても勉強になりました!!
ソーパーとして、買い手として2つの目線でじっくり観察してしまいました。
一緒に行ったソーパー仲間とも話したのですが。。。
手作りの味というよりも、造りが甘いと感じてしまう作品もありました。
普通の人には分からないかもしれないけど、ソーパー目線だと気になっちゃいました。
あと買い手としては、手作り石けんって値段が高いなぁと感じました。
たしかにコストがかかるので、高くなりがち。
分かるんだけど・・・買いずらいなぁって感じる値段。

上記の点を自分の作品では気をつけて、良い作品を作っていこう☆
石けんのレシピ絵本
石けんのレシピ絵本 石けんのレシピ絵本
前田 京子 (2002/02)
主婦と生活社

この商品の詳細を見る
季節を意識したレシピがたくさん載ってる本。
それぞれの石けん毎に書かれているエッセイが素敵。
写真がたくさん載ってて、タイトルにあるように絵本のような一冊。
使用されているオイルに高価な物が多いので、私にはちょっと手が出ない感じだけど、すっかり前田さんにはまった私。
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
前田 京子 (2001/03)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る
私が現状唯一購入している本。(他は図書館で借りてきて必要な箇所のみコピー)
綺麗な写真や読み物が多く、読んでるだけで楽しい♪

手順に沿って写真付きで解説してあり、初心者の方にもお勧め。
上級者向けには各オイルの特性や製油のブレンド法、オリジナルレシピの作り方が載っており、手放せない一冊。
お風呂の愉しみ
お風呂の愉しみ お風呂の愉しみ
前田 京子 (1999/11)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る
一番最初に読んだ石けん作りの本。
手作り石けんブームの草分け的存在の本と聞いていたので、まずは・・・と思い手に取りました。

肌に良い物を作ろう、なんでも自分で作ろうという姿勢に非常に感動。
石けんだけでなく化粧水や練り香水のレシピも載っていますが、エッセイとして読みたい一冊。
日本酒石けん【解禁】
日本酒石けん
美白効果・保湿効果のある日本酒をたっぷり混ぜ込んだ石けん。
日本酒は米と米麹のみで作られた物を使用。
水分量の全てを煮切った日本酒にしました。
アルコールと苛性ソーダを混ぜると激しく反応する、と聞いていたので気をつけて作業しました!

無香料ですが、独特の甘い香りがしっかり残ってます♪
この香りがとってもイイ感じ♪でお気に入り。
どちらかというと、さっぱりした使い心地かな。
(米ぬかにアレルギーがある方は使えない可能性がありますのでご注意ください)
竹炭石けん【解禁】
竹炭石けん
竹炭は古い角質や汚れをきれいに吸着し、皮膚を新しく蘇らせる手助けをしてくれます。
さらさら感のある洗いあがりになります。
時期的にしっとり感が欲しいと思い、ホホバオイルを過剰油脂として石けんに残すことにしました。
スーパーファットという型入れ直前にオイルを追加する方法を使用。
非常に酸化しにくいホホバオイルはこの方法にぴったり♪

でもしっとり感よりさらさら感のほうが強くてちょっと予想外↓↓↓
次回は違う方法でしっとり感のある竹炭石けんに挑戦してみよっと。
メープルクリーム石けん【解禁】
メープルクリーム石けん
甘~いメープルシロップをたっぷり入れ込んだ石けん。
ホットケーキをイメージして作ってみました♪
残念ながら香りはほとんど残ってませんが、メープルシロップのような糖分には保湿効果があります。
脂肪分が高い生クリームを配合し、時期的にしっとり石けんを目指しました。
委託販売にあたって
第1回納品時の箱
石けんって自分で作れるなんて知らなかった!という方に出会えたら。
手作り石けんを使ってみたいけど自分で作るのは面倒、という方のお役に立てたら。
手作り石けんの良さを知る人が増えたら。
自分で作ってみたいって人に出会えたら。

そんな思いで渋谷のレンタルボックス月箱さんにて委託販売中。
月箱さんは2006年9月にオープンされたばかり、アットホームな雰囲気が素敵。
渋谷に行かれる方は是非覗いてみてくださいな。
四羽は入ってすぐ左の棚にある箱番号【036】をお借りしてます。

2013年5月末より休止中

大事なこと。
石けんは薬事法の関係で「石けん」という名目で販売は出来ないので、「雑貨」としての販売。
どのように使用するかは購入者の判断まかせになっちゃうから、トラブルとか発生しないかな?って不安でなかなか販売に踏み切れませんでした。
でもやってみなくちゃ、何も始まらない。
不安なことは調べて、勉強して、対策をたてて。
法律って難しいぃ~。
色々悩みながらも、注意書きを作成して作品全てに同封。
購入時にお客様が確認出来るよう原材料を明記。
看板にも注意書きの一部を明記。
最低限必要なことはこれで大丈夫なはず。

苦手な法律だけじゃなく、もっともっと勉強しなくちゃね。
図書館で本を借りてお勉強の日々。
商品在庫リスト
★店主自宅にある商品の在庫リスト 【2015/9/24現在】
 (各石けん名をクリックすると、詳細画面に遷移します)
お譲り可能な在庫個数は変動している可能性がございます。
一言「最新個数教えてください」とコメント頂けましたら確認して更新させて頂きます。

詳細につきましては yunnyunn0615☆yahoo.co.jp (☆を@に変換してください) までお気軽にお問い合わせくださいませ。

お客様に送料の負担をお願いすることになりますので、委託販売時代より少しお安くお譲りさせて頂きます。
★表示価格より1個につき100円値引きさせて頂きます★

【定番】
マルセイユ石けん 330円 0個
ハーブエキス石けん 330円 4個
和菓子石けん 330円 0個
塩石けん 330円 10個
にんじん石けん 330円 14個


【ちなみに。過去の商品たち】
メープルクリーム石けん 330円
日本酒石けん 350円
チョコレート石けん 350円
ココアバター石けん 330円
クレイのマーブル石けん 330円
さっぱり竹炭石けん 350円
竹炭石けん 350円
卵牛乳蜂蜜石けん 330円
にんじんポタージュ石けん 350円
こだわり
テーマは無香料でシンプルな、毎日使えるお手頃価格の石けん。
香りをつけようとすると大量のエッセンシャルオイルを添加する方法が一般的ですが、コストがかかるわりには香りがあんまり残らない。
ワタシが買うんだったら、お手頃価格のほうが嬉しいな。
だから無香料。
要望があれば香り付きも作ろうかな。

使用するオイルの種類もシンプルなものが多いです。
高価なオイルも色々あって面白いですが、それはそういうのが得意な方にお任せするとして、ワタシは毎日おしみなく使える石けんを作りたいと思ってます。
プロフィール

ゆんゆん

Author:ゆんゆん
*****************************
掲載されている文章・画像・デザイン等に関する著作権は管理人ゆんゆんに属しています。
無断の転載・転用はお断りです。
*****************************
書籍の感想は管理人の個人的な独断と偏見によるものでございます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。