スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケアンズ旅行(3)
旅行3日目。
この日はぐっすり眠れました。
グリーン島の朝食
今朝も朝食ビュッフェを満喫。
画像上の木枠は巣蜜で、好きなだけナイフで取って頂けるという豪快な演出★
10:00にチェックアウト済ませて11:15発アウターリーフ行き高速船の時間までにプールサイドでお互いに絵葉書を書いてフロントで出しました。

約1時間かけてアウターリーフヘ。
アウターリーフはグレートバリアリーフ外側外洋に近いサンゴ礁の総称で、内側に位置するグリーン島より海中の透明度が良くサンゴも元気とのこと。
高速船をポンツーン(アルミ製の浮き島)につけてそこを拠点に好みのアクティビティを楽しめます。
ポンツーンの外観
船からみたポンツーン。
ポンツーンの様子
ポンツーンに移ったらまずは場所取り。
滞在時間は約3時間なので計画的に遊ばねば。
ワタシ達はスノーケルのみの予定だったから大丈夫だったけど、ダイビングやシーウォーカーなど色々やりたい人には時間足りなさそうなので気を付けたほうが良いかも。
スノーケリングエリア
スノーケルエリア、人多いし先に昼食にしましょうか。
皆が食べてる間にスノーケルしようよ!
ポンツーンの昼食
カレーを中心としたビュッフェ形式。
日本のカレーはトラウマがあってまだ食べられないけど、インド風なら食べられるようになった今日この頃。
チキンカレーとベジタリアン向けカレーが美味しかった。
スノーケル中 スノーケル中
昨日のグリーン島でも十分楽しいと思ったのに、アウターリーフは想像以上に透明度が高く綺麗!!
潜らなくてもサンゴも魚もいっぱい見れます。
来て良かった~~。

しかし浮いてるだけなのにけっこう疲れる。。。
シャワー4つしかないので混むだろうな、と思ってワタシだけ早めにあがって着替えて珈琲を飲んで待ってたら。
「最終便の半潜水艦に空席あります」と場内放送。
せっかくだしと思って出発直前慌てて飛び乗っちゃいました。
30分のツアー予想通り5分くらいで飽きたけどせっかくだしネ。その間プチ行方不明で心配されたけどネ。

高速船でケアンズへ戻ります。
時間かかるので揺れにくい席を選ぶことと酔い止め薬は必須。

ホテルにチェックインして休憩。
初日と同じホテルなんだけど部屋が変わってて景色が良くなってる♪連泊なので嬉しいな。
オーストラリア料理
夕飯は別のホテルにあるオーストラリア料理店「ダンディーズ・オン・ザ・ハーバー」へ。
メインはオージービーフとカンガルーの石焼き(奥のお肉がカンガルー)
お肉分厚っ!焼けるのかしらと二人で心配に。
とりあえず切り分けて石に敷き詰めたはいいけど、キャンドルの明かりのみの雰囲気のある暗いテーブルでは焼けてるかどうか分からない(笑)
焼けてるとこから切って食べてみたり。
苦戦しつつもお肉はとっても美味しかった~。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
なんだか、「ポンツーン」って「ポツーン」って感じだね(笑)
海が綺麗だ~。
天気にも恵まれているね!

ほかのお客さんも、日本人が多かった?
TO:樹里さん
あはは、その通りポツーンって感じで海に浮かんでるよ。
ポンツーンって色々な会社だったりで何個もあるらしいんだけど。
天気は良すぎて日射しが痛いくらいでした。

日本人はね~このポンツーンには少なかったかも。
日本人かな?って思ってたら中国人だったりで。
でもJTBツアーガイドさんに聞いた話だとこの年末年始は東京からチャーター便が何本か飛んできて小さなケアンズの町に2000人近い日本人が滞在するそうで!
私達は入れ違いみたいであんまり日本人観光客ばかりって感じなかったなー。
プロフィール

ゆんゆん

Author:ゆんゆん
*****************************
掲載されている文章・画像・デザイン等に関する著作権は管理人ゆんゆんに属しています。
無断の転載・転用はお断りです。
*****************************
書籍の感想は管理人の個人的な独断と偏見によるものでございます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。